ツイートの3行目

小学校の先生です。ツイートは2行まで。3行目からをここに書いていきます。

【木】「真剣」と「深刻」は違うからな

 

 おはようございます。エスカレーターに乗るときはいつも迷ってしまいます。前の人との間隔を何段分あけるか問題です。

 理想は2段なのですが、人には歩調というものがありますし、うしろから人も来ています。だからといって、1段だとすこし近すぎます。前の人のリュックサックやショルダーバッグが目と鼻の先にきます。

 調べてみるとステップの奥行きは約40センチだそうです。機械を動かす上での効率と人が立つことのできる距離を計算して設定しているのでしょう。

 設計に文句が言いたいわけではありませんよ。単純に、この間隔には個人差や地域差がありそうだなと思っただけです。みなさんは何段分あける派ですか。尋ねておいてなんですが、べつに答えなくてもいいですよ。どうも、インクです。

 

「真剣」と「深刻」は違うからな

 何ごとにも真剣にとり組むことは大切です。どれだけ難しいことでも、どれだけくだらないことでも、真剣にとり組むからこそ得られるものがあります。

 「真剣」というのは、眉間にシワを寄せて、深刻な面持ちでものごとにとり組むという意味ではありません。自分にできることを最大限に発揮できるように努めるという意味です。

 よくこのふたつをごちゃ混ぜにして考えてしまいます。「自分のせいで人に迷惑をかけたらどうしよう」とか「ここで失敗したら人生が終わるんじゃないか」とか。自分の言動にどれほどの影響力があると思ってんだという話です。あなたひとりの言動なんてまわりからすればどうだっていいことなのです。

f:id:taishiowawa:20200301074752p:plain

 それにも関わらず、人はものごとを必要以上に深刻に捉えようとします。きっと、深刻に考えることで自分の言動に制限をかけ、リスクを背負うことを本能的に避けているのでしょう。

 「どうせ自分は嫌われているから喋りかけるのをやめておこう」とか「死ぬかもしれないから知らない土地へ行くのはやめておこう」とか。

 要するに、言い訳をつくって正当化したいのです。自分はすでに不安なんだというポーズをとりながら、未来の不安をとり除こうとしているのです。

 不安を装って安心を求めるってなんだかおもしろいですね。いじわるを装って好意を伝えようとしてみたり。無関心を装って興味津々だったり。人って不思議な生きものです。

f:id:taishiowawa:20200709021921p:plain

 ご存知かとは思いますが、このような心理的メカニズムを「反動形成」と言います。フロイトが言うところの「防衛機制」の一種です。ウィキペディアが言うところの「無意識の中に抑圧されている強い感情や衝動が、意識できる側面で正反対の傾向となって行動になってあらわれること」です。

 「好きな子にいじわるをしてしまう」や「嫌いな上司を褒める」などが例としてあげられることが多いのですが、もっと密接に人の言動に関わっているものだと思っています。我々は社会の中で、本音を押し殺しながら生きていますからね。「押し殺している」と思いながら過ごすのはストレスなので、正反対の言動をすることで必死にバランスを保っているのです。

 本当は好きなことがしたいけれど「社会はそんなに甘くない」ということばを信じて当たり前のように我慢します。本当は好きな人とだけ付き合っていたいけれど「合わない人とも仲良くすることができるのが大人なんだ」ということばを信じて当たり前のように我慢します。

f:id:taishiowawa:20200301074752p:plain

 このような個人の「反動形成」で形成されるのが「社会」です。そして、そんな「社会」がまた個人の「反動形成」に還元されます。社会に存在する「このようにするべきだ」という暗黙の了解のほとんどは、本音を押し殺すことにストレスを感じないようにするための「反動形成」だと言えるのかもしれません。

  べつに「反動形成」がわるいと言っているわけではありません。いちばんの問題は、それが無意識のうちに行われているということなのです。なんだか偉そうに書いていますが、筆者自身も、きっとどこかで「反動形成」をもとにした言動をしているはずです。しかし、それがどのような行動なのかはわかりません。なにせ無意識ですからね。

 無意識のうちに本音を押し殺し、無意識のうちに我慢してしまっているのです。言い換えると「意図的に選ぼうとしなければ自分の欲求に素直になることはできない」ということです。「やりたいけどやらない」という順ではありません。余計な負荷をかけないためにも、はじめから「やらない」が前にくるようにできているのです。

 「社会的動物」とはよく言ったものですよね。本能とは異なるものを優先して、日々を送っているというわけです。わたしたちは、深刻にものごとを捉えて「本音をいかに押し殺すか」を考えるのではなく、真剣に「本音をいかに実現させるか」に意識を向けることができたらよいのかもしれません。好きな人にいじわるするのではなく、素直に「好きです」と伝えられた方がいいはずですからね。 

taishiowawa.hatenablog.com

taishiowawa.hatenablog.com

 

【お知らせ】

 Coming soon ......

f:id:taishiowawa:20200607201115j:plain

 

 

【水】だれと働くかを選べないって仕事をする上でかなりのマイナスポイントだと思う

 

 おはようございます。出入口ですれ違うときに、ドアを開けておいてくれる人はすてきだなと思います。前の人につづいてドアを通るときにもおなじことが言えますね。うしろの人も入れるように大きめにドアを開けてくれるアレです。

 きっとこういう気遣いって「人に親切にするぞ!」という思いでやっているのではなく、なんの気なしに習慣としてやっているのでしょう。

 「あなたのためにやってあげているんだよ」という色が見えないからこそいいのでしょう。習慣化されて無意識に行っている親切。果たして自分はできているのでしょうか。どうも、インクです。

 

だれと働くかを選べないって仕事をする上でかなりのマイナスポイントだと思う

 だれと働くか。仕事をする上でかなり重要なポイントだと思っています。その内容がどうであれ、好きな人や尊敬できる人といっしょに仕事をすることができたら、きっと有意義なものになるでしょう。

 一方で、どれだけ望みどおりの仕事内容だったとしても、いっしょに働く人とウマが合わなければ、なかなかにしんどい日々を送ることになるでしょう。

 多くの仕事では「だれと働くか」を労働者の意志で選ぶことはできません。大きく見れば、採用時の面接は「だれと働くか」を選んでいることになるのかもしれませんが、組織が大きくなるほどここで言う「いっしょに働く」の意味合いが変わってきます。

 教員は自治体ごとに試験があるわけですが、自分を採用してくれた面接官とおなじ学校ではたらくことなんてまあありませんからね。自分のことなんて何も知らない学校にポンっと飛び込むことになるのです。

f:id:taishiowawa:20200301074752p:plain

 モチベーションやパフォーマンスに大きな影響を及ぼすにも関わらず、どうしていっしょに働く人を選ぶことができないのかというと、人気による格差が生まれてしまうからです。

 要するに人望がはっきりと目に見えてしまうということです。好きな人どうしで組むことができたチームのパフォーマンスはたしかに上がるかもしれませんが、余り者どうしで嫌々組まされたチームのパフォーマンスはガクッと下がってしまうのです。

 それでは組織全体を見たときに決していい選択だとは言えません。だからこそ、上の人間がああでもないこうでもないと言いながら人事配当を決定しているというわけです。

 ただ、その仕組みをとる限り、どうしても「その人の得手/不得手」ではなく「厄介者をいかに分散させるか」を第一に考えなければならなくなります。

 キャラクターの濃い人間をおなじチームに組み込んでしまうのはリスクが高いですからね。「だれとだれを離すのか」とか「新人をだれに任せるのか」とか。いろいろと考えなければならないのです。

 「そんな人付き合いも含めて仕事なんだ!」と言われたらそれまでなのですが、やはりできることなら好きな人と仕事をしたいではありませんか。

f:id:taishiowawa:20200707214506p:plain

 本当に「好きな人と働くこと」を実現させようと思ったら、自分で小さな組織をつくって、自分で好きな人を呼んでくるしかありません。

 それぞれにはそれぞれの人生があります。そう簡単な道でないことは一目瞭然です。お金の問題も出てくるでしょう。場所の問題も出てくるでしょう。

 環境が整っていたとしても、好きな人があなたに着いてきてくれるかどうかはわかりません。そもそもの信用がなければ、人は集まりませんからね。

 結局のところ、まずは自分自身がおもしろい人間になるしかないのでしょう。これをクリアしなければ何もはじまりやしません。

 そう考えると「就職活動」ってすごいですよね。「ここで働かせてください!」に対して「いいよ!」「ダメだよ!」と言うわけですからね。

 本来なら逆です。企業側が好きな人をさがして「どうかウチで働いてもらえませんか?」とお願いするものです。そうならないのはやはり、個人に代わりが効くからなのでしょう。

 別にだれが来ようが、決められた仕事をこなしてくれたらそれでいいのです。その上、就活生は生活がかかっているので「働かせてください」とお願いしてきています。そりゃあパワーバランスも変わってくるというものです。

f:id:taishiowawa:20200301074752p:plain

 問題点はふたつです。ひとつは、個人としての人間の価値が希薄であること。もうひとつは「人生がかかっている」を深刻に捉えすぎているということです。

 ひとつ目の個人の価値については、はじめにも述べたとおりです。本当におもしろい人間として確立しているのであれば、向こうからオファーがくるでしょう。そうならないのは、表現し切れていないか、熟成していないか、おもしろくないかのどれかです。

 ふたつ目の「人生がかかっている」は、気軽さを奪ってしまいます。人生がかかっているから、合わなくても道を変更することができない。人生がかかっているから、いちど採用すると辞めさせられない。人生がかかっているから、リスクを背負った挑戦をすることができない。

 こうして組織は、大きくなればなるほど無難な道へと進み、我慢を分配することでしか成り立たなくなってしまうのです。それではあまりにも窮屈です。それぞれのパフォーマンスを最大限に引き出すことができません。

  好きな人たちと働くことを夢見て、まずはひとりで積み上げて行こうと思います。いずれ時が来たら、またいっしょにお仕事をしましょう。

taishiowawa.hatenablog.com

taishiowawa.hatenablog.com

  

【お知らせ ①:本日】

 週の真ん中の定例会。「こきけんよう」も第3回になりました。次回は8日(水)の20:15スタートです。マイナーチェンジをくり返しながら「気楽さ」と「おもしろさ」を同時に成立させられたらと思っています。40分1本でスパッと終わりますので、折り返しの目印にぜひ遊びに来てください。参加希望はツイッターのDMへ。

f:id:taishiowawa:20200627002826p:plain

 

【お知らせ ②】

 Coming soon ......

f:id:taishiowawa:20200607201115j:plain